イエスカルタによる治療をうける
患者さんとご家族へ

イエスカルタ®はKite Pharma, Inc.の登録商標です。
第一三共株式会社

イエスカルタについて

CAR T細胞療法カーティーさいぼうりょうほうとは

イエスカルタは、患者さん自身のT細胞から作られます。
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)など多くのB細胞性リンパ腫の細胞表面には、CD19という分子が発現しています。イエスカルタは、患者さんの血液から取り出したT細胞に遺伝子を導入することで、細胞表面にCD19を発現しているがん細胞を選択的に攻撃できるように作り替え(CAR T細胞といいます)、再び患者さんの体内に戻せるようにした製品です。
イエスカルタによる治療では、CD19を発現しているリンパ腫細胞をCAR T細胞が直接攻撃します。また、CAR T細胞は患者さんの体内で増えて、1回の投与で標的細胞を攻撃し続けるという特徴があります。

*T細胞はリンパ球の一種です。白血球の仲間には、好中球やリンパ球などがあり、リンパ球には、T細胞、B細胞などの種類があります。

CAR T細胞療法 リンパ腫細胞への攻撃の図
CARの構造の図
ポイント1 リンパ腫細胞の目印を認識
びまん性大細胞性B細胞リンパ腫など多くのB細胞リンパ腫では、CD19という分子を細胞表面に発現しています。そこで、CD19を標的としたCARが開発されました。
ポイント2 体内で増えていく
患者さんの体内で増えて、1回の投与で標的細胞を攻撃し続けます。
ポイント3 T細胞を活性化
リンパ腫細胞を強く攻撃するために、T細胞を活性化させる信号をおくる部分が備わっています。
監修:北海道大学病院 血液内科 豊嶋 崇徳 先生